元気いっぱいのアーニャです。 アーニャは好き嫌いがはっきりしています。 アーニャの家庭では子供たちはみんなしっかりと親の言いつけを守ります。 他の家の子供たちのように泣き叫んだり、だだをこねるのではなく、 何故そうしたいかアーニャは必死に説明してそうなるように努力します。 アーニャの手のひらには傷口に塗られた緑色の消毒液の跡が見えます。 アーニャはとても活発な女の子なので擦り傷、切り傷が絶えません。 アーニャは赤ちゃんだった頃から早くによちよち歩きが出来るようになり、 いすによじ登って棚から隠してあったもの取り出したりして親をヒヤヒヤさせたものです。 アーニャの両親は刃物や薬、電気コンセントなどアーニャの手に届かぬよう頭を痛めました。 勿論、アーニャも何が危険か自分で少しづつ理解していき、 今では両親もそこまで心配する必要はなくなりました。 元気いっぱいのアーニャです。