子供たちの遊びが続いています。 マースレニツァはロシア最大の祭日なので、 芸人たちも皆を楽しませようと一生懸命です。 マースレニツァは正教と異教の驚くべき共生です。 昔の異教徒たちはマースレニツァの期間、死者の魂が生けるもすべてを助ける為に 天から地上にやってくると信じていました。 ご先祖様の魂に失礼が無いように、最初のブリン(ロシア風クレープ)は 必ず窓辺にお供えされます。 一方、正教徒たちにとってマースレニツァは大斎(精進、断食期間)前の 最後の1週間、乾酪週間です。 この1週間はすでに肉は禁物で乳製品を食します。 しかし、太陽を表す異教の象徴、ブリンを口にすることを正教会は 1度も禁止しませんでした。 正教徒たちは乾酪週間に毎日ブリンを食べます。 ケンカした人と仲直りしたり、謝ったりするためにブリンに招待するのが いい口実になっています。 マースレニツァの期間には貧しい人に食事を与えたり寄付をしたり、 友人をお客に呼んだり呼ばれたりする慣わしになっています。