モスクワ南西にあるトロパリョーヴァ公園です。 かつてはただの休憩場所でしたが、現在は森林保護公園となっています。 この公園にはモスクワでは珍しい生き物も数多く生息しているので、 動物を捕まえようとしたり、公園を汚したりする人がいないか民警隊が監視しています。 トロパリョーヴァ公園は子供にとっても大人にもとても魅力的な場所です。 公園内には幾つかの子供広場があり、子供たちがそこで遊んでいる横で 親達はベンチに座ってゆくっりすることも出来ます。 もちろん、小さい子供の場合には座ってなどいられませんが、 もう少しすれば自然に子供同士で遊んで友達もここで出来るようになります。 親はその様子をベンチで眺めて過ごします。 この写真は冬のトロパリョーヴァ公園の写真です。 親は立ったりうろうろしながら子供たちを見ています。 気温は-15度から-20度の間ですので座ってじっとしていたら、 数分で凍えてしまいます。 ですので冬には子供たちの遊びに親たちもよく参加します。 一緒に走りまわったりして体を暖めるのが目的ですが、 結構これが大人にも楽しいのです。