テョープリィ・スタン通りです。 この通りは地下鉄テョープリィ・スタン駅からバス停や マルシュルートカ(決まった路線を走る乗り合いタクシーのようなワゴン車) の停留所までのびています。 写真左側にはたくさんのマルシュルートカが見えますが、ここが終点の停留所です。 マルシュルートカは5分か10分おきに発車するので好んで利用する人が多いです。 マルシュルートカの運賃はバスと同じ位ですが、 バスは年金生活のお年寄りには無料です。 ですのでバスの乗客はお年寄りが多く、又マルシュルートカを毎日利用出来る程 年金を受け取っているお年寄りはほとんどいません。 しかしマルシュルートカにも特典があります。 大祖国戦争の功労者は無料で利用することが出来ます。 ソビエト時代にはマルシュルートカは国営で走っている台数も少なかったです。 当時はバスと同じく長いこと待たなければなりませんでした。 現在、マルシュルートカは個人経営なのでどこへ行っても見かけます。 安くて便利な乗り物です。 写真の右側には小さな売店の並びが見えます。 一番手前の売店では花を売っています。 次の売店では野菜を、つぎはCDといった具合です。 仕事帰りに時間が無い時にはこれらの売店で買物を済ませてしまうことも多いです。