モスクワの数多くある教会のうちの1つです。 モスクワの教会の建設は14世紀、モスクワ公国の時代に始まりました。 当初は木造の教会が建てられましたが、 次第に石やレンガ造りの教会が建てられるようになりました。 他の町の寺院に倣った建築様式からモスクワ独自の様式も発達していきました。 用途や信者の数などにより様々な大きさの教会が建てられましたが、 モスクワが巨大な町に発達していくとともに、 どの教会もより大きなものへと変わっていきました。 町の発展が教会の巨大化を推し進めてきたのです。