モスクワの路地の一角です。 パトカーが停まっています。 この時間は静かで人もいないので野良犬たちが昼寝にやってきます。 野良犬の下には埋め込まれたタイヤが見えます。 本来は子供たちが遊ぶために用意されたものですが、今は犬達の寝床になっています。 かつてモスクワの野良犬は捕獲され薬殺されていましたが、 現在では捕獲された野良犬は避妊手術を施してから放してやります。 そうすることで野良犬の数は次第に減少すると思われていましたが、 今のところその効果はみられず、モスクワの野良犬の数はとても多いです。 特にモスクワの町外れには多く、群れをなすと非常に危険です。 しかし写真の犬たちは全く危険には見えません。 ただのんびりと昼寝をしているだけです。