« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

不思議惑キン・ザ・ザ

Kindzadza

ロシアの傑作映画です。

http://www.pan-dora.co.jp/kin-dza-dza/

低予算、B級映画の雰囲気たっぷりですが、
当時のロシアの状況、グルジア出身の監督などを
考えると、ジョージ・オーウェルの動物農場や1984年
などと共通する強烈な皮肉も感じられます。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1984%E5%B9%B4_%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29&oldid=7252909

しかし、そんな事は関係無く純粋に楽しめる映画です。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=437042

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

Александр Сокуров/ Тихие страницы

Wpages

現在、最もDVD化してほしい映画が
アレクサンドル・ソクーロフ監督の"静かなる一頁"です。

http://www.imageforum.co.jp/sokurov/1pg.html

http://www.sokurov.spb.ru/island_en/feature_films/tikhie_stranitsy/mnp_tst.html

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%95&oldid=7177416

"孤独な声"はDVD化が予定されていますがセット販売のようです。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1285482

http://russiaeigasha.fc2web.com/arc/films/k/kodokuna/index.htm

http://www.sokurov.spb.ru/island_en/feature_films/odinokii_golos_cheloveka/mnp_ogc.html

"太陽"の日本国内DVD化は...

http://www.sbbit.jp/article/art.asp?newsid=2062

http://osaka.yomiuri.co.jp/miseru/mi51024a.htm

http://www.rian-japan.com/news/details.php?p=346&more=1

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20060318

http://homepage2.nifty.com/deracine/russia/solntse.htm

http://www.miyadai.com/index.php?itemid=366

http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2006/08/post_729e.html?ranking

http://www.sokurov.spb.ru/island_en/feature_films/sun/mnp_sun.html

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

Pat Mcglynn / She'd Rather Be With Me

先日の物置探しで色々なシングル盤が出てきました。
その1枚がパット・マグリンの"あの娘はアイドル"です。

1977年7月キング・レコードより発売、600円でした。

Patm

それにしてもスゴイ邦題です。

A面: She'd Rather Be With Me / "あの娘はアイドル"
B面: Street Walkin' Girl / "テクニカラーの女の子"

http://park12.wakwak.com/~baycity/pat.htm

"あの娘はアイドル"のタートルズ原曲が下記で聴けますのでどうぞ。

http://www.cdconnection.com/details/Turtles__Biggest_Hits/2131
* 2曲目です。

では。

| | コメント (0)

2006年8月28日 (月)

NHK銀河テレビ小説 / 清水みなとストーリー

現在NHKのテレビで清水の次郎長のドラマをやっているようですが、
その番組宣伝を観ていて、以前にもNHKで清水のドラマがあったと
思い出しました。

次郎長 背負い富士|NHK木曜時代劇
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/

確か村松友視さんの原作で原作本も買って読んだはずで、
テーマ曲のレコードも買ったような....

Wikipedia:村松友視
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%9D%91%E6%9D%BE%E5%8F%8B%E8%A6%96&oldid=6693307

鉄道で行く旅 / Wonderful Railway Travel
http://www.asahi-net.or.jp/~PU7T-KMR/aki210.htm

そこで、物置を探してみたところ原作本はどこにあるか
わかりませんでしたが、レコードは見つかりました。

こちらです。

Daybyday

名古屋のSENTIMENTAL CITY  ROMANCEがテーマ曲を歌っていました。
今でも活動している凄いグループです。

http://music.www.infoseek.co.jp/artist/review/98530/

http://www.scr-net.com/scr/profile/pro1.html

http://www.scr-net.com/scr/disc/disc1.html

なごやかに なごやかに(ポリドール LP: 1984.12、CD: 1993、POCH-1247)収録
Day by Day (詞:さかえ仙知、曲:細井豊・告井延隆)
(NHKドラマ「清水港ストーリー」主題歌、シングル、86.3)

http://www.sundayfolk.com/scr/pr/

http://www.bet-talis.net/_artist/art017/bio.php

ドラマの方は港橋にある有名老舗洋食屋さんをモデルにした
話だったと思うのですが、原作本まで読んだにもかかわらず
内容は全く覚えていません。

今度、原作本を又さがして読んでみようと思います。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

Препинаки / PREPINAKI

Prepinaki_1

知る人ぞ知るロシアのロック・バンドです。

http://prepinaki.cool.ru/

残念ながら彼らのアルバムは非常に入手困難(廃盤)で
現在ではロシア国内でもプレミア価格がついています。
(オベリウには以前2タイトル入荷しましたが現在品切れです。)

XTCを彷彿させるサウンドが今聴いても新鮮です。
下記サイトで試聴できますのでお試し下さい。

http://www.zvuki.ru/M/P/664

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

秋野不矩美術館

Fuku

お盆休みの間に幾つかの美術館に行きました。
その一つが秋野不矩美術館です。

http://www.shizuoka.com/ns20/akinohk.htm

http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/collection/item/J_136_757_J.html

http://www.kaguraoka.info/report/man/man12.html

美術館は丘の上にあり、そこまで歩いていくのが少し大変ですが
朝一番だったこともあり気持ち良いものでした。

http://homepage2.nifty.com/gallala2/akinofuku/newpage2.htm

期間ごとに展示品の入れ替えがあるようでしたが、
当日は絵本の原画の展示が充実していました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4834004139/qid=1156304238/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-9099906-1023536

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4265032826/qid=1156304238/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-9099906-1023536

近くには二俣城址があり、城山公園からの天竜川の眺めも良かったです。

http://onihei.cocolog-nifty.com/edo/2005/12/strongstrong_d62c.html

では。

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/050827.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

Stefan Grossman's Guitar Workshop / Radio Broadcasts

Grossman

ステファン・グロスマンのサイトでは
フィンガー・ピッキング・ギター解説のラジオ番組が
mp3にてダウンロード出来ます。

http://guitarvideos.com/radio/00radio.htm

ギタリストのための番組と言うよりも
ブルース、ブリティッシュ・フォーク、ジャズなどの
優れたギタリストの演奏を数多く紹介してその魅力を伝えています。

昨日紹介のDavey GrahamやBert Janschのプログラムもあります。

http://guitarvideos.com/radio/cfg.htm
Program 7: Davey Graham 
Program 8: Bert Jansch

そしてなんと以前にカセットで聴いたWendy Grossmanの演奏もありました!

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/music/yougaku/wendy.htm

http://guitarvideos.com/radio/cfg.htm
Program 16: Gill Burns, Margo Random, Wendy Grossman, Janet Smith

* Wendy Grossmanから今朝メールがあり、"Kemp's Gigue"は
Bennett Hammondから教えてもらったもので、彼のほうが
自分の演奏よりずっと上手だと重ねて謙遜していましたが、
Wendy自身のホームページでも"Kemp's Gigue"のMP3を
掲載しようかと考えているそうです。

どの番組も素晴らしい内容ですので
是非、聴いてみて下さい。

http://homepage2.nifty.com/k-kondo/stefan.htm

http://www.tab-guitar-school.jp/Q-A/Q-A-all.html#Stefan-1

http://www.wirz.de/music/grossdsc.htm

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

Davey Graham / After Hours At The Hull University

Davy

SIMON & GARFUNKELやバート・ヤンシュの
カバーで有名な"アンジー"はフィンガー・ピッキング
ギターを志す誰もが挑戦したくなる名曲です。

そのアンジーの作者による1967年の傑作ライブ・アルバムです。

http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=MHCP-2063

http://www.blogotheque.net/article.php3?id_article=1719

http://www.outrightrecords.co.uk/

http://www.cdconnection.com/details/Davey_Graham__After_Hours_At_The_Hull_University:_4th_Feb_1967/617383?s=zgQHrmSmxeX4

彼のホームページでは1曲試聴出来ますので
お試し下さい。

http://www.daveygraham.moonfruit.com/
曲名:Happy Meeting In Glory

http://www.amazon.com/gp/product/B000000E9N/002-8769747-5706404?v=glance&n=5174

http://www.amazon.co.uk/exec/obidos/ASIN/B000024YGM/026-6769380-0814807

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

グラジュダンスカヤ・アバローナ / Гражданская оборона

Goxx

1984年、オムスクで結成されたロシアで最も有名なパンク・バンドです。

http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Grazhdanskaya_Oborona&oldid=68739630

ソビエト時代には当局にパンク・ロックなど理解出来るはずもなく
リーダーのイゴール・レートフは3ヶ月間、精神病院に収監される程でした。

イゴール・レートフの圧倒的な創作意欲はアクワリウムの
ボリス・グレベンシコフと共通するところで、グループ活動の他にも
別ユニットやソロなどで多数のアルバムを発表、
又、兄でロシア前衛音楽界の重鎮、セルゲイ・レートフの
企画にも数多く参加、アルバムも発表されています。

Sergey Letov, Russian jazz, free improv musician:
http://www.letov.ru/SERGEI.htm

日本ではとても一般的に受け入れられるような音楽ではありませんが、
ロシアの底知れぬパワーを感じることが出来ると思います。

彼らのHPなどでmp3をダウンロード出来ますので
お試し下さい。

http://gr-oborona.ru/pub/rock/xxlet.html

http://www.gr-oborona.info/go.php?action=mp3&id=index

ライブ映像などを観るとイゴール・レートフは
ジョン・レノンに似ていると思いました。

http://www.gr-oborona.info/go.php?action=video&id=index

では。

http://www.gr-oborona.info/

http://go.org.ua/

http://www.zvuki.ru/A/P/1842/

http://gr-oborona.ru/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

G.B.H / City Baby Attacked By Rats

Gbh

80's UKハードコア・パンク・バンドの1st アルバムです。

http://www.amazon.com/gp/product/B0000089QV/qid=1155105877/sr=1-7/ref=sr_1_7/104-1876189-0059106?s=music&v=glance&n=5174

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005YUAG/qid=1155105768/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/503-6533427-5088749

http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD22255/index.html

既にベテラン・バンドですがどのアルバムを聴いても
G.B.Hだとわかるサウンドはある意味でラモーンズと
共通する魅力があります。

彼らのホームページでは2曲程ダウンロード出来ますので
お試し下さい。

GBH - The Official Home Page
http://www.njhindl1.demon.co.uk/gbh/

ラモーンズの視聴はこちらです。

http://rhino.com/retrovid/VideoKeeper.lasso?Artist=Ramones

http://www.officialramones.com/audio.html

では。

http://www.barks.jp/artist/?id=1021992&m=biography

http://www.ramones.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

シロネコの親子 その後

Wcat01

白猫の親子は今も店の裏でよく見かけます。

http://oberiu.cocolog-shizuoka.com/oberiu/2006/08/post_1e03.html

Wcat02

Wcat03

子猫たちをしっかり守っている母猫の目はブルーと金色です。

Wcat04

でも、ときには親猫も2匹だけでくつろいでいます。

Wcat05

では又。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

Oberiu: An Anthology of Russian Absurdism

Oberiuab

OBERIU関連の新しい本が発売されました。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/oberiu/oberiu.htm

http://www.nupress.northwestern.edu/title.cfm?ISBN=0-8101-2293-6

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0810122936/qid=1155686046/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-7758238-3238628

オベリウ・メンバーのヴヴェジエンスキー、ハルムス、ザボロツキーの他、
オレイニコフ、リパフスキー、ドゥルスキンの各作品の英訳、
略歴、オベリウ解説などが収録されています。

Man with the Black Coatと併せてご参照下さい。

http://www.nupress.northwestern.edu/title.cfm?ISBN=0-8101-1573-5

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0810115735/qid%3D1155686084/250-9773465-2721043

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

夏の富士

Fuga1

昨日早朝、日本平富嶽台の
駐車場前で撮った写真です。

夏の富士山はびっくりする程に綺麗な時が
ありますが滅多に観ることは出来ず時間も短いです。

Fuga2

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

ユーリー・ノルシュテイン / Юрий Норштейн

Norshtein

日本でも人気の高いロシアのアニメーション作家です。

http://www.comicbox.co.jp/norshtein/

http://www.comicbox.co.jp/cb104/cb104index.html

ビデオ、レーザーディスクの時代から絶版と再版を
繰り返してきましたが、現在はDVDが発売されています。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=861013

又、下記サイトでは大きなサイズの画像を
見ることが出来ますのでお試し下さい。

http://www.pereplet.ru/galery/norshteyn.html

http://www.pereplet.ru/galery/yarbusova.html

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

Ralph Mctell / Streets of London

Mctell

以前にもご紹介した英国フォーク・シンガーの
1969年発表の代表的名曲、"Streets of London"です。

http://www.bbc.co.uk/radio2/soldonsong/songlibrary/streetsoflondon.shtml

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000593B/qid=1154591369/sr=1-5/ref=sr_1_8_5/503-2195547-8137554

1996年にはセルフ・カバーによる"Streets of London"も発表、
こちらのバージョンも素敵です。

下記サイトにて、ご試聴下さい。

http://www.dougie.uk.com/streets.html

http://www.amazon.com/gp/product/B000001BB2/qid=1154590683/sr=1-8/ref=sr_1_8/103-1455029-9627039?s=music&v=glance&n=5174

では。

http://www.ralphmctell.co.uk/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

シロネコの親子

Sironeko01

一昨日、白猫の親子が店の裏を通って行きました。

子猫は全部で4匹はいたのですが
慌ててカメラを向けた時には2匹の
子猫以外はどこかに隠れてしまいました。

Sironeko02

Sironeko03

Sironeko04

Sironeko05

Sironeko06

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

夢みるように眠りたい

Yumem

昔、テレビの深夜映画で録画、
何度も観返した大好きな映画です。

http://www.slowcinema.com/pc/051221.html

発売されているDVDを最近観たのですが、
特典での林海象監督と主演の佐野史郎による
オーディオ・コメンンタリーがとても面白いです。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=587826

既にこの映画を観ていらっしゃる方にもオススメです。

http://www.kisseido.co.jp/kura/loverinthos/film/yumemi.html

http://www.redrice.co.jp/tantei/profile/index.html

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

Steve Gibbons or Steve Gibons ?

Stevegibbons

100clubでライブを観たことのある
Steve Gibbons Bandについて検索したところ
スペルを間違えてSteve Gibonsというシカゴの
ジャズ・バイオリニストにヒットしてしまいました。

ついでに曲を試聴してみたのですが
これがなかなか良いです。

是非、聴いてみて下さい。

http://www.swinggitan.com/music/index.html

http://stevegibons.com/jazz.html

そして、こちらもどうぞ。

http://www.amazon.com/gp/product/B000007Z4Z/qid=1154561419/sr=2-2/ref=pd_bbs_b_2_2/103-5056781-2260636?s=music&v=glance&n=5174

Steve Gibbons :

http://5xm.com/sgb/

http://www.havic.com/artist/S_Gibbons/SGFrame.html

http://www.fridhammar.com/xstevegib.html

Steve Gibons :

http://stevegibons.com/

http://www.swinggitan.com/band/steve.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

ミチキ・アニメ映画挿入歌 / Митьки

Chubchik

ペテルブルグのユニークな芸術家集団,ミチキによる
アニメーション映画のラストシーンに流れる印象深い曲は
ロシアで最も有名なロック・グループ、アクワリウムの
ボリス・グレベンシコフによる曲です。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/art/mitki/mitki.htm

http://aquarium.lipetsk.ru/MESTA/video/mitki/

http://www.myltik.ru/index.php?topic=db&fe=multpic&multid=1212

http://oberiu.cocolog-shizuoka.com/oberiu/2005/11/mp3_d7fc.html

下記より曲がダウンロード出来ますのでご試聴下さい。

Пускай Погибну Безвозвратно:
http://aquarium.lipetsk.ru/MESTA/mp3/1996_Thubtchik/11_track.mp3

http://aquarium.lipetsk.ru/MESTA/mp3/aquarium.ru-albums/chubchik241.html

では。

http://www.fictionbook.ru/author/shinkariev_vladimir/mitki/shinkariev_mitki.html

http://aquarium.lipetsk.ru/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »