« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

LEONID FEDOROV, VLADIMIR VOLKOV / BESONDERS

Beson





アウクツィオンのリーダー、レオニード・フョードロフと
前衛ジャズ・ベース奏者、ウラジーミル・ヴォルコフの
競演によるアルバムです。

http://oberiu.client.jp/rus/video/auktsyondvd.htm

http://www.volkovtrio.com/besondrs.htm

http://www.leonidfedorov.ru/besondrs.htm

歌詞はOBERIUの主要メンバー、
アレクサンドル・ヴヴェジェンスキーの
作品からのものです。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/oberiu/oberiu.htm

http://www.answers.com/topic/oberiu

http://66.102.7.104/search?q=cache:YQS7HsvLo0YJ:src-h.slav.hokudai.ac.jp/publictn/No.64/pdf/kameyama.pdf+%E3%83%B4%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC+&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=5

http://nupress.northwestern.edu/title.cfm?ISBN=0-8101-2293-6

http://www.iblist.com/book39072.htm

脈々と受け継がれているロシア・アヴァンギャルドの
現在の音を是非、聴いてみて下さい。

http://www.zvuki.ru/M/P/31303

http://www.guruken.ru/album/bezonders/

http://www.volkovtrio.com/

http://www.leonidfedorov.ru/index_e.html

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

The Who / 四重人格

Who4








中学、高校生の頃に買ったアルバムです。
清水銀座、戸田書店の斜め向かいに当時あった
レコード屋さん、すみや清水店で買いました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00006BGX4/qid=1148874390/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl74/503-6152940-9128726

http://www.cdconnection.com/details/Who__Quadrophenia/128519

(あかほり電気など、中学高校生当時、憧れだった世界の
お話しが存分に堪能出来るサイトはこちらです!

JH2CLV

http://www5a.biglobe.ne.jp/~jh2clv/handmadeaudio.htm

http://www5a.biglobe.ne.jp/~jh2clv/handmaderadio.htm

http://www5a.biglobe.ne.jp/~jh2clv/

話しが脱線しましたけどスゴイです!)

2枚組見開きLP盤にはつや消しされたLPジャケットと
同じ大きさ、装丁のぶ厚い写真集が同封されていて
持ち帰るのに重くてビックリしたのを覚えています。

映画の方は賛否両論ありますが、レコードやカセットでアルバムを
何度も聴いた者にとってはとても印象、感慨深い映画です。

http://www.universalpictures.jp/quadrophenia/catalog_item_sell.html

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000B4NFE8/qid=1148873297/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/503-6152940-9128726

ファンサイトではアルバム、映画、そして 四重人格ライブの音源までが
紹介されていますので是非、ご参照下さい。

http://www.quadrophenia.net/

http://www.quadrophenia.net/1974tour/4.html

http://www.quadrophenia.net/1997tour/Maryland/index.html

では。

http://www.bounce.com/article/article.php/1530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

Russian MIDI

Midi



ロシアのMIDI音源集サイトです。

http://www.midi.ru/

ロシアでは多くのMIDIサイト、そしてMIDIファイルを作る
多数の愛好家が存在します。

同じ曲でも作り手のアレンジ、センスなど様々で
聴き比べて楽しむことが出来ます。

日本でも有名な"百万本のバラ"もあります。

http://www.midi.ru/song/110474/midiget.php?getsong=110474

http://www.midi.ru/catalogue.php?ex=203&page=8

オススメはヴァスクレセーニエの
"一度も海の向こうに行ったことがない僕"です。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/music/world/vosk.htm

http://www.midi.ru/song/5063/midiget.php?getsong=5063

http://www.midi.ru/catalogue.php?ex=107&page=3

昔にこのMIDIファイルはオベリウのホームページでも
利用させて頂きました。

このようなMIDIの楽しみ方は
日本ではあり得ないのが残念です。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

Spanish Ladies

Elgreco










古いイギリスの民謡曲です。

様々なヴァージョンを聴き比べてみて下さい。

Spanish Ladies / Sequenced by Lesley Nelson-Burns
http://www.contemplator.com/sea/sladies.html

Roger McGuinn in the folk tradition
http://www.ibiblio.org/jimmy/folkden-wp/?p=7020
http://ibiblio.org/jimmy/folkden/php/music/Spanish_Ladies.mp3

JAWSmovie.com
http://www.jawsmovie.com/x/article.asp?id=77&fan=1
http://www.jawsmovie.com/fans/SpanishLadies.mp3

Listen to the USNA Glee Club perform Spanish Ladies
http://www.usna.edu/masters/Section508/rule-a8.htm
http://www.usna.edu/masters/Section508/Sounds/SpanishLadies.mp3

最初のMIDIによるピアノ・インスト・ヴァージョンが
一番気に入っています。

http://www.contemplator.com/folk.html

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

ニェ・ボイシャー・マーシャ/НЕ БОЙСЯ МАША

Neboishamasha








以前にオベリウの推薦盤としてご紹介した
ウクライナ出身のロック・バンドです。

http://oberiu.client.jp/rus/recommend/neboi.htm

彼らのホームページで新曲2曲が披露されました。

http://neboysyamasha.kiev.ua/mp3/kapli_dozhdya.mp3

http://neboysyamasha.kiev.ua/mp3/vse_razletelos.mp3

http://neboysyamasha.kiev.ua/index1.php?menu_id=42&cur_lang_id=1

又、ファースト・アルバムの何曲かも
ダウンロード出来るようになりました。

http://neboysyamasha.kiev.ua/mp3/track_03.mp3
http://neboysyamasha.kiev.ua/mp3/track_04.mp3
http://neboysyamasha.kiev.ua/mp3/track_10.mp3
http://neboysyamasha.kiev.ua/mp3/track_11.mp3
http://neboysyamasha.kiev.ua/mp3/track_12.mp3
http://neboysyamasha.kiev.ua/mp3/track_14.mp3

http://www.neboysyamasha.kiev.ua/index1.php?menu_id=39&cur_lang_id=1

新曲よりもファースト・アルバムの曲の方が
良く感じるのには困ったものです。

是非、聴き比べてみて下さい。

では又。

http://www.neboysyamasha.kiev.ua/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

ONE WAY SYSTEM

Oneway








80年代UKハードコア・パンク・バンドです。

http://www.punkoiuk.co.uk/interviews/ows.htm

ハードコアと言っても今聴けばメロディ・センスの良い
ポップ・ロックとでも言うべき内容です。

http://www.onewaysystem.co.uk/mp3.htm

映像はこちらです。

http://www.onewaysystem.co.uk/video.htm

オススメのアルバムは"Writing On The Wall"
http://www.cdconnection.com/details/One_Way_System__Writing_On_The_Wall/436422

サンプル音源では"Pressure On"
http://www.onewaysystem.co.uk/mp3/po.mp3

映像では"Jerusalem"
http://www.onewaysystem.co.uk/video/jerusalem.wmv

です。

http://www.onewaysystem.co.uk/

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

Scottish guitar tunes

Scottish










ウェンディ・グロスマンのブログにて
スコットランド・ギター曲が紹介されていました。

http://wendyg.livejournal.com/2006/05/21/

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/music/yougaku/wendy.htm

http://www.musicintime.co.uk/ScottishGuitar.htm

その他、Rob MacKillopによる曲が多数聴くことが出来ます。

http://www.musicintime.co.uk/robmac.htm

http://www.musicintime.co.uk/

http://www.musicscotland.com/acatalog/MusicScotland_The_Healing_3440.html

是非、ご試聴下さい。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

村野守美 / 垣根の魔女

Moribi









http://www2.tokai.or.jp/oberiu/books/japbook/moribi.htm

http://www.s-book.com/plsql/com2_c_list?sha=1&cd=02163&tid=8782

"草笛の季節"は電子書籍として講読可能です。

http://comics.yahoo.co.jp/10days/muranomo01/kusabuen01/list/list_0001.html

又、村野守美博物館では様々な作品を閲覧することが出来ます。

村野守美博物館
http://muranomoribi.com/

お試し下さい。

村野守美氏との出会い (広井てつおさん)
http://www1.ocn.ne.jp/~tet03/MANGA/MULANO.html

村野守美先生を訪問 (漫画家リレー訪問記)
http://www.manga-g.co.jp/interview/int2003/int03-04.htm

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

The Hooters / One Way Home

Hooters








レコードでよく聴いていたアルバムです。

http://home.comcast.net/~thehooters/disc3.html

レコードでのA面、特に1-3曲がオススメです。

http://www.amazon.com/gp/product/B0000026AE/qid=1147744051/sr=1-4/ref=sr_1_4/002-2145387-1175233?s=music&v=glance&n=5174

お試し下さい。

http://www.thehooters.net/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月20日 (土)

ウォリアーズ

Warriors_1







大好きな映画です。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/movies/warriors.htm

現在、DVDが安価で発売されていますので
未見の方はこの機会に是非、どうぞ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000E1KMF8/qid=1148009274/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-8163856-6701960

サントラ盤はこちらです。

http://www.warriorsmovie.co.uk/soundtrack/

では。

http://www.warriorsmovie.co.uk/

http://www.warriorsmovie.co.uk/extrascenes/

http://www.amazon.com/gp/product/B000A6T1JU/qid=1148011506/sr=1-1/ref=sr_1_1/002-1338560-6240837?s=dvd&v=glance&n=130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

The Blues Brothers

Bluesb








説明不要の傑作映画です。

http://www.bluesbrotherscentral.com/images/captures/bb1.jpg

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00006880W/qid=1147932855/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/503-6789849-7103108

http://www.bluesbrotherscentral.com/movie1.php?page=about

サントラ盤も勿論、必聴です。

http://www.amazon.com/gp/product/B000002J5K/qid=1147928323/sr=8-2/ref=pd_bbs_2/002-8182825-6171260?n=507846&s=music&v=glance

http://www.bluesbrotherscentral.com/albums.php?album_id=2

又、下記のファンサイトでは多くの音源を聴くことが出来ます。

http://www.bluesbrotherscentral.com/downloads.php?cat_id=2&page=1

サントラ盤をお持ちの方も是非、どうぞ。

では。

http://www.bluesbrotherscentral.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

D-Day 追記

Dday_1






先日ご紹介したD-Dayの追加情報です。

http://oberiu.cocolog-shizuoka.com/oberiu/2006/05/dday_crossed_fi.html

ボーカルの川喜多美子さんのブログに
13日復活ライブの感想が掲載されました。

http://plaza.rakuten.co.jp/yoshikokawakita/diary/200605150000/

http://plaza.rakuten.co.jp/yoshikokawakita/diary/

実際にライブに行かれたk_nakaeさんのご感想です。

http://drrss.exblog.jp/d2006-05-14

http://drrss.exblog.jp/

D-DAYほか80年代インディーズ、当時の貴重な写真が満載、STILL ROCK!

http://www.geocities.com/Tokyo/Towers/3959/dday1.htm

http://www.geocities.com/Tokyo/Towers/3959/srock.htm

川喜多美子さんには5月13日のライブが最後とおっしゃらず、
年に1回でもステージで歌い続けてもらいたいものです。

では又。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

Josef K / It's Kinda Funny

Josefk







昔、ラフ・トレード・レーベルのオムニバス・レコード
に収録されていた好きな曲です。

http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Josef_K_%28band%29&oldid=49899438

http://www.roughtrade.com/

下記サイトで試聴出来ますので
聴いてみて下さい。

http://www.emusic.com/album/10892/10892761.html

では。

http://www.josefk.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

Girls at our Best / Politics

Gaob








昔、ラフ・トレード・レーベルのオムニバス・レコード
に収録されていた好きな曲です。

http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Girls_at_Our_Best%21&oldid=42070351

http://www.roughtrade.com/

下記サイトで試聴出来ますので
聴いてみて下さい。

http://www.wswaine.demon.co.uk/gaob/gaob-7.htm

http://www.wswaine.demon.co.uk/gaob/music/politics.wma

http://www.wfmu.org/playlists/shows/9247

rtsp://archive.wfmu.org/archive/HT/ht031021.rm?start=0:56:59

http://www.wfmu.org/playlists/shows/17586

rtsp://archive.wfmu.org/archive/HT/ht060102.rm?start=0:43:54

それにしても驚愕の中古価格です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000070HW/qid=1147310199/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/503-6316572-5795967

では。

http://www.wswaine.demon.co.uk/gaob/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

Sonicflyer

Sonicflyer











以前にご紹介したSonicflyerの
ホームページが作られました。

http://oberiu.cocolog-shizuoka.com/oberiu/2006/03/post_0925.html

http://www.sonicflyer.net/

まだほとんどのページが準備中ですが、
新たに2曲の試聴が可能です。

http://www.sonicflyer.net/audio/sunisinmypocket.mp3

http://www.sonicflyer.net/audio/Novocaine.mp3

http://www.sonicflyer.net/index.php?link=av

知らずに聴けばシベリアの姉弟新人バンドとは思えません。
どう聴いてもイギリスのインディーズ・バンドです。

ファースト・アルバムもレコーディング中のようで、
シベリア、モスクワ、ヨーロッパ、イギリスでの
ライブが順次行われる予定です。

http://www.sonicflyer.net/index.php?link=review

今後がとても楽しみなバンドです。

では。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年5月12日 (金)

D-Day / crossed fingers

Dday






延びに延びていたCDが遂に発売となりました。

http://bridge-inc.net/store/?p=productsMore&iProduct=2696

http://recommuni.jp/them/index.php/ARTIST/2623/

更に明日の13日には発売記念ライブも行われます。

http://recommuni.jp/recoloke/

多分、直ぐに入手困難になってしまうと思いますので
お早めにどうぞ。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/music/japan/dday.htm

では。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月10日 (水)

Soviet Music

Sstamp







ソ連時代の音源を集めたサイトです。

http://english.sovmusic.ru/index.php

オススメは

ロシア民謡、ピアトニツキー・アンサンブルの
"ブッチェ・ズダロービ" (お元気で)

http://muzland.ru/songs.html?auth=21&song=8

http://www.sovmusic.ru/sam_download.php?fname=s2897

アレクサンドロフ・アンサンブルの演奏で有名な
"フ・プーチ" (兵士の歌)

http://www.sovmusic.ru/text.php?from_sam=1&fname=s1780

http://www.sovmusic.ru/sam_download.php?fname=s2534

流行歌ではこちらも有名な
"パドモスコーブニエ・ヴェチェラー"
(モスクワ郊外の夕べ)

http://www.sovmusic.ru/text.php?fname=podmosk3

http://www.sovmusic.ru/sam_download.php?fname=s2877

です。

お試し下さい。

ちなみに写真はソ連時代の郵便消印です。

Sstamp2 Sstamp3_1 

オベリウではこれをデザイン・スタンプとして使用しています。
日付の部品は取り外してゴム印で日付を打っています。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

ハルムス・カレンダー

Kharmscal_1

ペテルブルグより本が届きました。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/art/karasik/karasik11.htm

ミハイル・カラシクは日本では殆ど知られていませんが、
ロシアや世界各国ではとても有名なアーティストです。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/art/karasik/karasik.htm

今回は昨日、ご紹介したハルムス関連の展覧会カタログ、
ロシア・ブック・デザイン関連のカタログなどが届きましたが
中でも、ハルムス・カレンダーはミハイル・カラシクの
アーティスト・ブック番外編とも言える美しい本です。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/art/karasik/karasik15.htm

ちなみにものすごく重い本なので送料もスゴかったです。

では又。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

ダニイル・ハルムス

Kharms








OBERIUの中心的存在、
ダニイル・ハルムスです。

http://www2.tokai.or.jp/oberiu/oberiu/oberiu.htm

http://www.sevaj.dk/kharms/kharmseng.htm

ハルムスは子供のための詩、物語なども多く残しています。

下記サイトでは"嘘つき"の一部分を
mp3にて聴くことができます。

http://www.ku.edu/~elemruss/homework/104_end/kharms_vrun.html

http://www.ku.edu/~elemruss/homework/104_end/vy_znaete_pt1.mp3

日本語訳はこちらでご覧になれます。

http://blognik.blog44.fc2.com/blog-entry-34.html

普通にロシアの子供達が聴いたり読んだりしても
とても人気のあるハルムスの作品ですが、
当時のハルムスがおかれていた時代背景などを
考えるとブラック・ユーモア的笑いを感じてしまいます。

下記サイトではハルムス作品の翻訳が
数多く紹介されていますので是非、ご参照下さい。

ブローグニック
http://blognik.blog44.fc2.com/blog-category-1.html

では。

http://wakana.dante.jp/blog/2005/12/post_166.html

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~slav/special/sp20051118witte.html

http://www.geocities.com/Athens/8926/Kharms/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

七面山、七面堂

My01












早朝にふと行ってみました。

http://oberiu.cocolog-shizuoka.com/oberiu/2005/12/post_f488.html

山と言うよりも2分で登れる高台といった感じでした。

My02












階段などは崩れかけて草も伸びていましたが
お堂周辺はちゃんと掃除されていて気持ちの良い空間でした。

My03












では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

Dziga Vertov

Kinoeye










昨日、ご紹介したU B U W E Bでは
ジガ・ヴェルトフの無声映画なども
ダウンロード出来ます。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B8%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%95&oldid=5505577

http://www.ubu.com/film/index.html

http://www.ubu.com/

Dziga Vertov
Kino Eye 1924, 699.9 mb (AVI)
http://ubu.wfmu.org/video/Vertov-Dziga_Kino-Eye_1924.avi
Three Songs About Lenin 1934, 700.0 mb (AVI)
http://ubu.wfmu.org/video/Vertov-Dziga_Three-Songs-About-Lenin_1934.avi

その他、ディミトリ・キルサノフ、マン・レイなどの
貴重な前衛映画が数多く紹介されています。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/SILENT/15AVANT-GARDE.htm

お試し下さい。
では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

Fluxus

Burrough











オノ・ヨーコも参加していた前衛芸術集団です。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9&oldid=5171969

フルクサスの映像を下記サイトで観ることができます。

http://www.ubu.com/film/fluxfilm.html

オノ・ヨーコの作品にはビートルズの
ジョン・レノンも制作に参加したものがありますが、
建築現場を早送りで撮影した映像など、
はっきり言って訳のわからない映像ばかりです。

DVD化されて環境ビデオのように再生していれば
面白いのかもしれません。

http://www.ubu.com/

その他、このサイトではウィリアム・S・バロウズなどの
詩の朗読もmp3にて聴くことが出来ます。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%BA&oldid=5021817

http://www.ubu.com/aspen/aspen5and6/audio5B.html

http://www.ubu.com/sound/index.html

どうぞお試しください。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »